帰化申請面接 の奥義

コラーゲンドリンクはなぜニコ厨に人気なのか > 仕事 > 帰化申請面接 の奥義

帰化申請面接 の奥義

2012年6月 9日(土曜日) テーマ:仕事
帰化申請面接については在日韓国人の間でも情報交換はなされていますが、かなり個人差があるようです。人によるらしいのですが、わたしの場合に限って言えば、帰化申請面接は、申請が受付されてから3ヶ月くらいで呼び出しがありました。私の旦那は日本人なので、一緒に面接を受けました。といっても同席ではなく、まず私が、次に旦那さまが、という感じで、かれこれトータル2時間はかかりましたね。夫が面接で聞かれたことは把握していませんが、わたしの場合は、もう申請書類に書かれていることのひたすらチェックみたいな感じでしたね。あと、定着性については帰化申請面接でかなりきかれましたね。